28+3+4=
Sns Netのホームページ

Sns Netのホームページ

AnimalNote Laboが提唱する、VetssWebシステムとは。

AnimalNote Laboが提唱する、VetssWebシステムとは。
インターネット等の、インフラが構築される中で、すでに色々な場面での、
コンピュータ利用は、されている事と思います。
 しかし、各病院毎の、トータルな業務のシステム化は、各機器メーカーや、検査機関等、
別々のシステムの利用により、院内の情報の共有化、一元化は中々難しい問題があります。
そこで、VetssWebシステムが、長年目指しているのが、この問題の、データの一元化、共有化です。
これからご案内するシステムは、15年以上の経験と、システムのバージョンアップを重ね、
ネット社会の中で、利用できる共有データを
より多く取り込み、院内における業務を現場にて分析し、日常の処理作業により、
発生した情報をデータベース化する事に開発を進めてまいりました。
それでは、VetssWebシステムの概要をご説明します。
まずは、システムに、業務の分割化を設定しています。
1、受付業務、
2、診療業務、
3、医局的業務、
4、検査業務、
5、会計業務、
6、日常外業務、
7、外注検査管理、等です。
今回、この多くの業務の概要を簡単にこの動画ではご案内し、さらに今後、シリーズとして、
各業務システムの詳細なご案内をさせていただきます。

取得

zoom

https://us02web.zoom.us/j/3601755634?pwd=SnpHV2VndmsyWmwzV0k5aU5hc3Erdz09

AnimalNoteUser Deploy Test


グローバルIPアドレス

http://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

PCによる動物病院システム

パソコンによる動物病院システムは必要か?
 今やパソコンの普及は、家庭や個人に及んでいます、しかし元々のシステム運用ツールとしてよりインターネット、マルチメディア、デスクトップパブリッシング(ワープロ表計算)等個人ニーズに利用される事がメインになり、企業組織内での事務処理(業務)システムの構築は、未だに、普及しているとは言えないのが現状だと思われます。もちろんネットワークツール(Local Aeria Network=LAN)の普及も進み、個人のレベルでも充分利用出来る様になり、情報の共有化によるメリットも出て来ては居るようです。
 さて、そんな中で動物病院としての業務アプリケーションの必要性は、今や過渡期にあると思われます。コンピュータの普及の中で、どれだけの付加価値を見出せるか?私共も仕事上で、各社のシステムを分析させて頂くと、初期のころの名簿的なカルテ管理から、日常業務をこなす診療明細発行管理まで、実に多種多様な、バージョンが販売されているようです。問題は、各病院での管理方法により、その運用に適したものがあれば、コンピュータ化のメリットは現れます。
問題はその運用が日常化が出来るものなのか?バッチ(一括まとめて入力法)処理ではあまり大きなメリットは期待出来ないでしょう。しかし結論としては、コンピュータ化は必要でしょう、何故ならば、それはインターネットのインフラの発達です、そのインフラは益々進み個人の生活そのものに影響を与えています。少子高齢化の中でのパートナーとしての動物は益々増えつつあります、私共のユーザー様の業務を分析してみても、獣医師のお仕事はより緻密により幅広く要求されていて、それに応えられる病院が、発展していくでしょう。その為デジタル情報システムを利用したコミニュケーションは将来益々日常化してくるものと考えたとき、獣医師にとってシステムを運用出来るかどうかは大きな課題と言えるでしょう。近い将来動物病院のシステムは他のすべての業務システムと同様はインフラの中に存在して来るでしょう、ブロードバンドで業務が動く!!TVの宣伝ようになってきたとき、貴院のシステムはどのようにインフラを利用しているのでしょうか!

VetssWeb

1、VetssWebの概要  VetssWebはインターネットを利用した動物病院管理システムです。その概要は先に開発され多くの病院にて稼動しているVetssシステムをモデルとしたシステムをインターネットブラウザ(IE6,IE7等)にて実行できるようにし、光回線等のブロードバンド回線にてASP(Application Service Provider)として利用していただくシステムです。このことにより、顧客側で管理運用していたサーバをプロバイダー(当社サーバ)で管理でき、バージョンアップ等の運用がよりスムーズになる。  患者(飼主)とのコミュニケーションを円滑にするためサイト(ホームページ)とリンクしており、サービスの向上に繋げて行きます。

2、VetssWebの新しい機能  すでに概要でも説明しておりますが、ASPによるシステムの為ブラウザを利用したクライアントシステムなので利用できる機能も制約されますが、逆に日常的に使っているブラウザのユーザインターフェースなのでユーザの操作に対する適応はよりスムーズと言えます。またブラウザの機能を拡張する新しい技術を駆使しており更なるバージョンアップを続けてゆきます。  具体的には、Google等で利用されているAjax(Googleコンプリートの様な使用してゆくと進化する機能等)などの技術を利用したシステム。

3、VetssWebの新しい期待  インターネットを利用することのメリット、デメリットを克服するインフラの進化への期待は大きく、VetssWebではそのインフラの変化に対応してゆきます。安価に高速回線の利用、VPN等の技術によるセキュリティの向上など、安全に安定したインフラによるWeb利用サービスを活用したVetssWebに期待は膨らんで行きます。

AnimalNote

AnimalNoteの発想を初めて3年程が経過しようやく運用が可能となってきました。
上記の様な位置づけとしてAnimalNoteのスタートさせてまいりたいと思っております。

AnimalNoteアプリシステム

私どもシステムサポートは初期のシステムペットナビ院内サーバシステムからVetssシステムそして
現在のVetssWebSystemへと移行をしてまいりました。
 VetssWebSystemへの移行においては個人企業としての対応で私どもがサーバをお預かり管理する
という方式にてサポートをしてまいりました。今後私どものシステムをいくつかの企業様との協力関係
を構築し、末永くご利用頂くために協力企業での管理を共有できるよう私どものサーバシステムの
クラウド化を(現在もバックアップ等利用している)進めさせて頂いております。
 但し、現在サポートしているクライアント(動物病院)の件数において拡張を図るべく次期システム
AnimalNoteアプリとして計画を進めております。パソコンからタブレットの利用により多くのクライアント
を獲得すべく協力企業と新たなニーズの掘り起こしを計っております。


 既存のVetssWebユーザ様には当システムの運用存続のため改善及び新規アイデアをご利用頂き
ご意見等よろしくお願いいたします。
今後AnimalNoteへの移行はVetssWebとの併用で各病院様の新たなニーズとメリットを模索導入して参ります
よろしくご協力のほどお願いいたします。

プライバシーポリシー

当サイトでは、以下のように個人情報保護方針を定め、ご利用になる皆様が安全にサイトを閲覧できるようその保護を推進いたします。

個人情報の管理について


当サイトでは、セキュリティシステムの強化、その維持や改善における必要な措置を講じ、個人の情報への不正なアクセスや、紛失、破損、改ざん、漏洩などの防止に努め、個人情報の厳重な管理を行っております。

個人情報の利用目的について


当サイトでは、メールでのお問い合わせの際や、コメントの際にお名前(ハンドルネーム)と、メールアドレス等の個人情報をご記入いただく場合がございます。

これらの個人情報は、ご質問に対する回答や、必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただく場合がございますが、個人情報をいただく際の目的以外では利用いたしません。

個人情報の第三者への開示、提供の禁止について


当サイトでは、閲覧者の方からお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、その個人情報を第三者には開示いたしません。

閲覧者本人の同意がある場合
閲覧者の方が希望されるサービスを利用するために、当サイト管理人が業務を委託する業者に対して開示する必要がある場合。
法令に基づき、個人情報の開示が必要になった場合

個人情報の安全対策について


当サイトでは、個人情報の正確性、および安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。また、必要に応じて適宜その強化、改善に努めます。

広告配信について


当サイトでは、GoogleAdsenseや、A8.net、Performance Horizon Group等の第三者配信事業者が提供する広告を設置しており、また、その広告配信の一部にはCookieを使用しています。

この際、GoogleやGoogleのパートナーは、サイト閲覧者の方の、当サイト、またはその他のサイトへの過去のアクセス情報に基づき、DoubleClick Cookie を使用することによって、適切な広告を配信しています。

お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレストベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info のページにアクセスして頂き、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告配信におけるCookieの取り扱いの詳細につきましては、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

アクセス解析について


当サイトでは、Googleが提供するアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を使用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用していますが、そのトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関しての詳細はGoogleアナリティクスサービス利用規約のページをご覧ください。

Facebookアプリについて


当サイトでは、サイトとFacebookページとの連携を行うために、Facebookアプリを使用しています。このアプリを通じて得た情報も、個人を特定するものではありません。

ご本人からの照会について


ご本人からの個人情報の照会があり、個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止などを希望される場合には、ご本人であることを確認させていただいたうえで、速やかに対応させていただきます。

法令・規範の遵守と見直し


当サイトは、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他の規範を遵守しますとともに、ここに明記されたプライバシーポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

免責事項


当サイトでは、そのコンテンツにおいて、可能な限り正確な情報を発信するよう努めておりますが、誤った情報が含まれていたり、古い情報が含まれている場合もございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

android JavaScript

トピックス

↑ PAGE TOP